1. Top
  2. Java SE
  3. Javaの基本

Javaの基本

Javaの色々な技術

Javaは現在大きく分けて以下の3つの技術に整理されています。

J2SE ( Java 2 Standard Edition )

J2SEとは Java基礎となる標準的な機能をまとめたものになります。 J2SEには Javaプログラムを実行するために必要な一連の動作環境である JRE ( Java Rutime Edition ) なども含まれており、パソコンなどのネットワーククライアント環境、あるいはスタンドアローン用途向けと言うことができます。

J2EE ( Java 2 Enterprise Edition )

J2EEとは サーバサイドで動作するアプリケーション向けの規格になります。標準機能の J2SEに Java Server Page, Servlet, Enterprise JavaBeans, JNDI といった諸機能を付加したものになります。

J2ME ( Java 2 Micro Edition )

J2MEとは 家電製品や携帯情報端末、携帯電話、カーナビなどの組み込み機器向けの機能をまとめたものです。低速な CPUやデータ容量が乏しい環境でも Javaアプリケーションが動作するように機能が最適化されています。


ページの先頭へ

Javaの開発環境

Javaの開発環境は複数ありますが有力なものをリストしておきます。

Java2 SDK

Sun が提供する Java コンパイラは Java2 SDK に含まれています。ご自分の普段使っているテキストエディタで Javaのソースファイルを作成し、SDKに含まれるコンパイラでコマンドラインよりコンパイルすることが出来ます。  最も基本的なやり方ですが、効率面から以下の統合開発環境を使用することをお勧めします。

Eclipse

Eclipseは元々 IBMが開発を進めていたものですが、オープンソースコミュニティにソースを寄与し、以後 Eclipseプロジェクトで開発が続けられています。 無償で利用出来る上、プラグインという形式で様々な機能を盛り込むことが出来ます。 GUIツールなので、コマンドプロンプトつ使い方を覚えなくても使えますし、使い勝手も良いため現在広く普及しています。

JBuilder

Borland社 の Java 統合開発環境です。 いくつかエディションがありますが、その中の Foundation 版が無料でダウンロードできます。Java 統合開発環境の老舗として定評がありますが、Foundation版では機能的に物足りない点もあります。やはり本格的な開発には有料の Developer版以上が必要になってしまいます。


ページの先頭へ

Javaの開発環境をインストールする

ダウンロード

Javaを使ってみるためには Javaをインストールしなくてはなりません。
以下のサイトから最新版ダウンロードできます。
【 J2SE 最新版のダウンロード 】
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

インストール

まずインストールは上記でダウンロードしてきたインストーラーをダブルクリックします。ダウンロードが始まると以下のような 使用許諾契約が表示されますので、同意するを選択し [ 次へ ] で次に進みます。
次はインストールするフォルダや機能を選択します。デフォルトのままでも問題はありませんので、そのままインストールしても大丈夫です。
以上で Javaでプログラムを作成するための最低限のインストールは完了です。

各種設定

一通りインストールまで出来ていますので使うことは出来ますが、コマンドラインから使用する場合使いづらいので Windowsの環境変数を設定します。
まず [ マイ コンピュータ ] を右クリックし [ プロパティ ] を押下します。 システムプロパティ設定画面が表示されますので、詳細設定タブを選択し、環境変数をクリックします。
次は[システム環境変数]に下記の[ 変数 ] と [ 値 ] を追加します。
変数:JAVA_HOME
値 :C:\Program Files\Java\jdk1.6.0

変数:Path
値 :;%JAVA_HOME%\bin
注意:
[ JAVA_HOME値 ] の部分に実際 Javaをインストールしたパスを追加します。
[ Path値 ] の前に [ ; ] をつけてからパスを記述してください。


ページの先頭へ